【製造業専用】業務管理システムで、

お悩みの方は、ご相談下さい

日本一の操作性、誰でも使いこなせる事を目指したERPパッケージ「ATROX」が、製造業の複雑な業務管理を支えます

月額50000~ 運用が可能

機能・操作性の高さを証明:稼働率100%

ATROX システム 機能一覧

■ 製造業に必要な機能を全てパッケージ

■ 最低限の入力で数字が全て連動するので、現場・事務所どこにいても確認したい数字が正確に把握する事が出来ます

ホワイトボードのアイコン 23.png

1・生産計画管理

・ライン別に受注残の数と金額を6カ月先まで月単位で表示

・受注から(ライン別・作業者別・機械別に)所要時間を自動計算、スケジュール表を作成

・進捗管理、ガントチャート作成

アンケートシートアイコン.png

2・日報管理

・日報入力は進捗管理と連動(商品別・作業者別・機械別)に実績を集計

フォークリフトアイコン4.png

3・在庫管理(製品)

・仕入入力・日報入力・売上入力と連動

・標準在庫・発注点割れ機能

・キープ、取り置きに対応

・得意先別に倉庫を記憶

フォークリフトアイコン4.png

4・在庫管理(仕掛品)

・仕入入力・日報入力と連動

・前工程の在庫、使用した材料を自動引落

ツールアイコン.png

5・資材管理

・材料・仕掛品・部品・箱など所要量計算

・預かり支給品、仕入先預け対応

しおり付きの本のアイコン素材2.png

6・工程管理

・各工程ごとに手順と注意するポイントを画像付で記録

・画像付作業指示書

・ロット別工程管理対応

本アイコン.png

7・品質管理

・画像付工程マニュアル

・製品ごとのクレーム、問い合わせを記録

・材料・仕掛品・部品の使用履歴

Free desktop PC icon.png

8・図面管理

・受注番号と紐づけして図面の保存

・得意先別に別ホルダーに保存

・終了図面の他に手配用図面、外注発注用図面、検査図面など複数の図面を扱える

・受注を検索(図番等からも可)する事で簡単に図面を参照

・プレビューしながら、日付順ソート等の検索可

リピートボタンのフリーアイコン2.png

9・繰り返し生産品の実際原価計算

・材料費→仕入データ連動

・労務費→日報入力より自動で集計

・設備の維持費と原価償却費→日報より自動で集計

ダンボールのアイコン素材 その2.png

10・受注生産品の実際原価計算

・物件ごとの原価台帳作成

・仕入、日報入力と連動

レシートの無料イラスト.png

11・販売管理

・見積、受注、売上、在庫情報は一元管理

・売上単価は掛け率、ロット別、歩引きなどに対応

・取引データを文字列で検索

・商品別に受注詳細とトータル残数を表示

・未出荷の明細と金額を会社全体と得意先毎に集計

アンケートシートのフリー素材.png

12・発注・仕入管理

・発注書発行(PCFAX対応、送信時刻を自動で記録)

・仕入入力は発注と連動、発注残も自動引落

・仕入情報に対する(ロット、単価、赤伝待ちに)対応

・科目別仕入先別の集計表を一覧で表示

レシートの無料イラスト.png

13・経営管理

・得意先別(売上、粗利分析) 年度対比・順位・構成比・グラフ

・担当者別(売上、粗利分析) 年度対比・順位・構成比・グラフ

・商品別(売上、粗利分析)順位・構成比・グラフ

・仕入も売上と同様に集計出来ます。

・与信金額管理(売上・仕入)

アンケートシートのフリー素材.png

14・その他

・送り状・荷札発行

・封筒ハガキ印刷

・ユーザー設定・パスワード設定・操作権限設定

・社内カレンダー登録

・案内メール一括自動配信

導入事例

「実際原価管理」金属プレス業

■導入前
・率のいい商品・率の悪い商品位はわかるが「これがいくらで作れるのか?」数字にすることができていなかった。結果経営の判断が、一カ月単位の売上高と会計士が持ってくる試算表のみで、最終的な数字は、決算月の棚卸金額を入れないとわからない。

■導入後
(1)値上げは、今まで周りの様子を気にしながら、「一律10%アップ」のようなやり方しか出来なかったが、今は商品毎の製造原価を元に価格の見直しが出来るようになった。中には作れば赤字の商品を廃盤にしたものもある。

(2)営業が今までは数がまとまると、お客様の要望に価格を合わせがちだったが、原価を考えながら、自分できちんとした答えを出せるようになった。

(3)注文が来れば儲かるようになったので、現場と営業の意味の無い衝突も無くなり、「忙しいけど、儲からない」から1年で脱却する事が出来た。

・売上があっても無くても一年中、現場も事務所もバタバタしている。

ATROX 導入事例

​ERP「ATROX」紹介

​■金属・洋食器製造、卸売業が盛んな燕三条で生まれたERP

作業工具・刃物などの金属製品や、カトラリーなどの製造が盛んな新潟県の燕三条エリア。また、意外と言われていませんが、実は卸問屋業が発達したエリアでもあります。

実際、製造品目は多品種小ロットから一品大ロットまで多岐にわたり、受注・生産・スケジュール管理など複雑な管理が求められます。それに連動し、会計処理の操作性や経営判断に重要な数値管理にはリアル&正確性が必要なのは言うまでもありません。

弊社が提供しているERP【ATROX】は、20年以上にわたり製造・卸業現場で培った知識を、製造業の管理に必要な機能をまとめあげて完成させたのがERP【ATROX】です。

株式会社アイケー 代表取締役

​笠原 利雄

(株)アイケー

​ERP「ATROX」特徴

アトロックスシステムの概念フロー図_40.jpg

1.日報入力のみで、資材・在庫・人・工程・経費など全ての数値が連動して集計

製造現場では、商品製造が複数同時に動くため、納期・設備や人の負荷、スケージュールを管理する必要があります。

ATROXなら、日々の管理は作業日報の数値を入力するだけで、各数値が連動して集計管理が可能なので、二重入力の手間がありません。

2.経営と現場業務に必要な機能をワンパッケージで提供

ERP【ATROX】の管理画面では、製造に関連する見積り・受注・発注処理をはじめ、売上・仕入・入金・支払いの処理まで、全てのデータが連動する仕組みになっています。

3.カスタマイズも柔軟に対応

システムは、設計・開発の全てを社内で制作を行っている為、ご希望に沿った内容でカスタマイズに対応する事が可能です。

4.見込み生産・個別受注生産に対応

部品・仕掛品まで管理出来る見込み生産タイプ。

物件ごとの労務費・材料費・外注費が管理出来る個別受注生産タイプ。

ATROXは、お客様の業務内容にあわせ、いずれの生産にも対応しております。

5.導入イメージ

従業員50名位までの、小規模な製造業向けに開発しました、低価格で導入頂けます。

給与計算まで出来る、多機能な作りになっておりますが、段階的な導入も可能です。

提供形態:オンプレミス/パッケージ

アイケー会社紹介

​アイケー 会社紹介

体験・デモンストレーションルームを常設

弊社事務所には、お客様がいつでも操作を確認できる、体験・デモンストレーションルームを常設しております。

また、新型コロナウィルス対策として、事務所に訪問を頂けなくても、オンラインでシステムの画面をご確認頂けるようにオンラインミーティングにも対応です。

アイケー会社紹介
アイケー会社紹介

お知らせ

​商品情報・イベント情報などこちらで発信しています。

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー