一元管理編(課題)

■ 事務所と現場のシステムを一つにまとめたい

生産から販売まで一元管理が出来ていない

一元管理編(原因と理由)

製造現場と事務管理する部署は、​距離が離れている場合が​大半です。それなのに、

・事務所と現場では、システムに求める事に元々違いがあるのに、生産管理システムの販売管理をする部分は機能的に作られていない。

・仕事全体に置いて事務所は事務所、現場は現場の様になっていて、何をやっているのか、互いの事が全く見えていません。

ATROXなら

販売管理の部分は、機能的かつ柔軟に作られておりますので、今までより仕事が増えるような事はありません。

むしろ事務所にいても進捗状況などが見えるので、問い合わせに対して安心して受け答えできます。

動画

実際の画面でご紹介します。

150928s.jpg

音声が出ます

動画背景

現場と事務所で別々のシステムを使って運用されているケースを多く見かけます。この管理方法では、事務所と現場の情報乖離、同じ注文情報を2回入力など、時間は無駄になりますし人的ミスを誘発するポイントを自然と作ってしまいます。

資料ダウンロード

動画でご紹介した内容の詳しい資料(PDF)を、ご用意しております

システム一元化.jpg

製造業 課題別対策方法一覧

納期バナー.jpg

納期がわからない
​答えられない!

納期回答が即答できず、
​クレーム対応や失注した事が

​ありませんか?

原価バナー.jpg

毎日、忙しいけど

​利益が残らない!

原価計算、意味が有るのは

分かるけど真面目にするのって大変だし、

​労務費とか見えない所って?

在庫の問い合わせに
​即答出来ない!

コンピューターの数は​信用できない...

結局は現場を見に行かないと

​用が足りない

簡単に欠品させてしまう。

売れ筋商品を欠品させて、​

クレームや失注したりした事は

​ありませんか?

あの人じゃないと分からない・・・

と言った仕事が多い。

担当者が突然休んでも、

他の社員で困らずに対応出来ていますか?

事務所と現場のシステムを一つにまとめたい

生産から販売まで

生産から販売まで一元管理できていますか?

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー