課題:原価管理

忙しいのに利益が残らない、正確な原価を把握できていない

TS1252_TP_V.jpg

原因・理由

製造業において利益を伸ばすためには、主に売価を上げる方法と製造原価を下げる方法の2つが上げられます。

製造原価は、製品を製造する際に発生した原価全てを合算したものですが、資材や原料費などの材料費の他に、人件費や設備費用も全て含めた費用が含まれます。

その為、製造原価を算出するには、工程単位での労務費と機械のチャージ単価の管理が容易に確認できる手段が必要です。

管理手段を持たないで営業すると、お客様の要望に価格を合わせがちになってしまうので、忙しいけど利益が残らないやり方になってしまいます。

ATROXなら

製造原価にかかる、材料費・外注費用や労務費・設備などの減価償却も含めた、機械のチャージ単価まで全て把握する事が可能です。

​数値を集計するためにATROXでは、製造直接・間接費を含めたすべての数字を作業日報に書かれた数字だけで、自動的に集計します。誰が・何を・何本・掛かった時間など最低限の情報を入力するだけで、製造原価を上げている要因だったり、利益などが全て把握する事が出来ます。

ATROX

操作イメージ

操作背景:製品(ステンレスカレースプーン)で、製品ごとの原価がどんな見え方になるのか

Timeライン

■00:01:18 商品マスターの構成

■00:02:21 日報入力から見積もり金額との差異を確認

■00:03:06 日報入力画面

■00:04:40 材料を連動して集計

■00:05:30 様々な項目を集計・確認

■00:08:21 直接費・間接費を数字で確認

音声が出ます

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー
株式会社アイケー

株式会社アイケー

〒 959-1276 新潟県燕市小池5091-11

FAX:0256-66-5950

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

@2020 株式会社アイケー