課題:納期管理

回答に時間がかかる・わからない・聞かれると切ない...

TS1252_TP_V.jpg

原因・理由

昔からの勘とルールに従って現場の工場長なりにアナログで2~3か月先の予測をやらせる事は、かなり無理があります。

外注も含めて現場全体が見渡せないので、この手法では大抵エクセルを使って生産計画を作る人が、別にいたりします。

手作業でコピー&ペーストを繰り返す事になるので、だいたいの納期を出すだけでも簡単には出来ません。

ATROXなら

1.材料・仕掛品・箱などの資材に至るまで、事務所のパソコンから正確な数をボタン一つで表示出来ます。

2.「今日は・今週は・今月は・来月は」何をするのかが、ライン毎、機械毎、作業者別に残りの作業工程が時間軸で見える様になります。

3.新規の受注を入れると、数に合わせて所要時間を自動で計算できるので、手間をかけずにベストな段取りが可能です。

​以下、実際の画面でご紹介します。

ATROX

操作イメージ

操作背景:(株)タケダ様よりスミレ カレースプーンを12,000本受注。

Timeライン

■00:00:44 受注入力から材料、仕掛品、箱などの資材を確認

■00:02:28 製造ラインの作業者と機械の順番・負荷の確認

■00:06:14 作る順番を入れ替えて作業スケジュールの変更

■00:09:14 受注を分割して作業スケジュールを調整

■00:11:23 外注に依頼できるか確認して作業スケジュールを調整

■00:12:42 自動生成で出力。ガントチャートを確認

音声が出ます

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー
株式会社アイケー

株式会社アイケー

〒 959-1276 新潟県燕市小池5091-11

FAX:0256-66-5950

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

@2020 株式会社アイケー