課題:在庫管理

在庫の問い合わせに即答できない!

コンピューターの数は信用できない、結局は現物を見に行かないと用が足りない

TS1252_TP_V.jpg

原因・理由

システム構築の中で在庫管理の部分は技術的に高いレベルが要求されます。

パソコン上では数が見えていても、実際には別の人が取り置きしていたり、商品は入荷済みでも、在庫入力をしていない為に、在庫が有るのに無い様に見えたりして、結局コンピューターの数は信用できないと言う事になり、「自分で見に行かないと用が足りない。」と言う事になってしまいます。

ATROXなら

在庫を合わせる為だけの入力作業はありません。在庫場所も20箇所まで登録可能です。今現在の在庫数だけでなく、入荷予定・出荷予定・キープなど数か月先の予定まで同時に見る事ができます。

ATROX

操作イメージ

操作背景:1,200本の在庫問い合わせから、在庫の確認・入出庫の調整・納期の確定まで

Timeライン

■00:00:40 受注入力画面

■00:00:57 受注入力後の商品在庫確認

■00:01:44 同一商品に対し、他の入出荷情報を確認

■00:02:35 客先からのキープを管理

■00:02:55 入荷予定から受注商品の進捗状況を確認。納期計画を把握。

音声が出ます

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー
株式会社アイケー

株式会社アイケー

〒 959-1276 新潟県燕市小池5091-11

FAX:0256-66-5950

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

@2020 株式会社アイケー