欠品対策編(課題)

■ 簡単に欠品させてしまう。

売れ筋商品なのに欠品させて、クレームや失注するケースが多い

欠品対策編(原因と理由)

一番の原因は欠品による機会損失を軽く考えているか、あまり考えていない。

昔と比べて品数が増えたので、感と経験だけでは受注の予測が、出来なくなってしまった。

1年もすると色んな条件で、売れ筋の商品が変化するので、怖くて発注できない。

ATROXなら

在庫が少なくなった物だけの一覧が自動で出ますから、「気が付かないうちに欠品していた。」と言うような事はありません。

最新の売上データを確認しながら作業出来るので、発注数で悩む事はありません。

動画

実際の画面でご紹介します。

150928s.jpg

音声が出ます

動画背景

欠品が多い会社を除くと、生産リードタイムと受注予測の読みが出来ていない

timeline.png

タイムライン

00:02:29 直近一年間の売上データを​「誰に・幾つ・販売回数」を一瞬で表示

紹介資料ダウンロード

動画でご紹介した内容の詳しい資料(PDF)を、ご用意しております

欠品対策_DL資料.jpg

製造業 課題別対策方法一覧

納期バナー.jpg

納期がわからない
​答えられない!

納期回答が即答できず、
​クレーム対応や失注した事が

​ありませんか?

原価バナー.jpg

毎日、忙しいけど

​利益が残らない!

原価計算、意味が有るのは

分かるけど真面目にするのって大変だし、

​労務費とか見えない所って?

在庫の問い合わせに
​即答出来ない!

コンピューターの数は​信用できない...

結局は現場を見に行かないと

​用が足りない

簡単に欠品させてしまう。

売れ筋商品を欠品させて、​

クレームや失注したりした事は

​ありませんか?

あの人じゃないと分からない・・・

と言った仕事が多い。

担当者が突然休んでも、

他の社員で困らずに対応出来ていますか?

事務所と現場のシステムを一つにまとめたい

生産から販売まで

生産から販売まで一元管理できていますか?

製造業向け 在庫・原価・納期管理システム(株)アイケー